8月
2012

大分のご当地グルメ

九州の大分県と言えば、日本有数の温泉地です。その源泉数と湧出量は日本一であり、とりわけ湯布院と別府温泉が温泉街として絶大な人気を誇っています。

湯布院では、毎年、夏になると音楽祭と映画祭が開催されます。また10月には「牛喰い絶叫大会」というなんとも変わったイベントも行われており、温泉以外での観光スポットになっています。お取り寄せでは、温泉街らしい温泉湯豆腐やプリンが評判を呼んでいます。

大分は昔から、ブランド牛である「豊後牛」や「関アジ・関サバ」が有名で知られている県です。また、柚子こしょうや麦焼酎などのブームの火付け役も、実は大分の特産品からと言われています。他にも、国東のシイタケや竹田のカボス、杵築の茶葉などがお取り寄せ商品でも根強い人気を持ち、リピーターの多い商品となっています。

大分のご当地グルメとして有名なのが、「団子汁」です。別名「だご汁」とも呼ばれ、餃子や極太の平打ち麺がセットになった商品などが、お取り寄せでも人気です。これ以外にも、耶馬溪黒豚のとんかつやギョウザ、ハムやソーセージ、醤油ベースのドレッシングなどの加工食品も広く知られています。

最近では、安心や安全に対する意識の高まりから、定期的に購入する家庭が増えてきました。そういった背景から、送料無料などのサービスの向上に努めるお店が多く出てきています。

大分の食材のお取り寄せは、楽天市場などの通販サイトをはじめ、九州の大分空港の「TabiTo」や「JA全農おおいた」、九州の食材を集めた「ムラコレ市場」などで購入することができます。