8月
2012

宮崎のご当地グルメ

日南海岸のフェニックスなど、九州のなかでも南国らしいイメージが強い宮崎。農畜産業が盛んな県であるだけでなく、牛肉や豚肉、鶏肉などの品質の高さも有名です。その為、県からの産出額は全国でもトップクラスになります。

宮崎の特産品として真っ先に思い浮かぶのが、完熟マンゴーの「太陽のタマゴ」ではないでしょうか。知事を務めていた東国原氏が行く先々でアピールしていただけに、その名を知らない人はいないほどです。

その勢いそのままに、ご当地グルメとして肉巻きおにぎりやチーズまんじゅうも、九州全土そして全国に広がっていきました。郷土料理では食欲の落ちがちな暑い夏の日に食べるのにピッタリな「冷汁」と、ここが発祥の地とされている「チキン南蛮」が有名です。

農畜産業が盛んなことから、過去にいくたびもの苦難を体験した宮崎は、その経験を元に安全面での強化を図り、今では高い評価を受けています。安心できると評判で、食肉セットなどの生もののお取り寄せも盛んに行われています。

お取り寄せでは、全国の中でも先駆けて販売される宮崎のこしひかりが大人気です。夏の終わりに販売される早場米で、予約が必要な事もある程です。

最近では野菜や卵などの普段の食卓に使う定番食材をお取り寄せする家庭が増えてきています。毎日使う食材の購入には、定期購入などを利用すると便利です。

安全で安心な食材をお得に購入したい場合は、地元の農家がやっている通信販売や専門の宅配業者の利用などはもちろん、公的機関やJAの直売店などを利用すると良いでしょう。九州各県で、宮崎産の食材を取り扱っているお店もあります。